公認会計士の勉強方法~独学は損する?

公認会計士の勉強方法~独学は損する?

 

これから勉強を始める人、独学で勉強している受験生が

 

読まないと”絶対に損する”テキスト教材があります。

 

それが、有名ロングセラー「公認会計士試験非常識合格法」です。

 

最短ルートで合格するための勉強方法の全知識が掲載されています。これを読むのと、読めないのでは学習効率に大きな差が生まれ、ライバル達に一歩リードすることができるでしょう。

 

しかも今なら「非常識合格法」に加えて「仕事図鑑」も完全無料で手に入れることができます。

 

方法は簡単でクレアールへ資料請求するだけです。

 

「えっ?これだけの良いの?」と心の中でツッコまれた方もいるでしょう。

 

本当に簡単30秒入力で資料請求申込するだけです。

 

勿論、0円です。

 

但し、注意点があります。先着100名様限定という点です。

 

100名に達した時点でキャンペーンは終了しますので、早めにお申込ください

 

 

約30秒で入力完了

 

 

 

更に今なら『公認会計士の仕事図鑑』無料プレゼント

 

『公認会計士の仕事図鑑』では8人の現役会計士が仕事・収入・プライベートを紹介していますので、成功者の生の声を聞くことでモチベーションアップが見込めます。

 

 

100名に達した時点でキャンペーンは終了しますので、早めにお申込ください

 

約30秒で入力完了

 

独学で勉強すると絶対損する?

 

先に結論を申し上げると独学で勉強している受験生は大きな損をしています。

 

その理由をザックリまとめると下記の通りです。

 

  1. 時間の損失
  2. 情報の損失
  3. 合格の損失

 

「時間の損失」とは

 

予備校利用者に比べて必要になる学習時間が増えます。予備校利用者と独学の方では合格までの学習時間が1.5倍~2.0倍程度の違いがあると言われています。公認会計士試験の目安になる勉強時間は3,000時間程度ですので、独学者の方が1,500時間~3,000時間程度余分に勉強する必要があるのです。仮に時給1,000円の方であれば3,000時間あれば300万円稼げますので、予備校で40万円使っても効率性を重視するメリットは十分にあるでしょう。

 

確かに市販のテキスト教材、問題集、過去問で済ませれば数万円程度で済みますが、時間給を考慮すると損しているケースは意外と多いのです。

 

「情報の損失」とは

 

公認会計士試験は毎年出題傾向が変わりますし、法改正も実施されますので、常に最新情報をアップデートすることが求められます。予備校の場合ですと自然に法改正情報、最新傾向などの情報を手に入れることができますが、独学者の場合は見落としてしまい、それが合否を左右するケースもあります。独学で常に最新情報を確保するのは難しいのが現状です。

 

「合格の損失」とは

 

公認会計士試験は日本三大国家資格と言われているくらい超難関試験です。

 

受験者の大半は合格できないまま退場になります。ただ、実は「独学」ではなく「予備校」を利用していれば不合格にならずに済んだケースも結構あります。ノウハウのある予備校、通信講座で効率的に学べば不合格→合格になることも可能です。また、勉強期間も短縮することができます。

 

このページの関連キーワード

 

財務会計論/管理会計論/監査論/企業法/租税法/経営学/経済学/民法/統計学/大学生/大卒/入門書/本/テキスト/教材/過去問/参考書/問題集/教科書/基本書/直前対策/短期集中/説明会/無料セミナー/個別相談会/単科講座/模試/模擬試験/音声/ダウンロード/web動画講義/dvd/オンライン講座/インターネット講座/アプリ/iPhone/android/一問一答/演習講座/不合格/いつから/価格/値段/金額/いくら/お金/授業料/安い/格安/激安/低料金/費用/学費/授業料/人気/ランキング/口コミ/評判/評価/比較/最初/何から/基礎/短答式試験/論文式試験/択一式試験/ダブルスクール/社会人/働きながら/仕事しながら/スキマ時間/通勤中/電車