税理士の勉強方法~独学で損する理由

税理士の勉強方法~独学が絶対損する理由

 

「税理士試験は独学でも合格可能ですか?」と質問をされれば私はこう答えます。

 

「可能です。でも、独学だと損しますよ。

 

このページでは税理士試験対策の一番正しい勉強方法、独学を選択すると損する理由を解説していきます。

 

独学が損する理由一覧

 

時間的な損失

 

税理士試験に合格するために必要な勉強時間は約3,000時間と言われています。

 

個人差によって異なりますが、過去の合格者データを見ると概ね合ってる数値と考えます。

 

どんな勉強法でも3,000時間勉強すれば合格できる訳ではありません。間違ったやり方をすれば3倍の9,000時間以上学習に費やしても不合格になるでしょう。3,000時間程度で合格された方は例外なく”正しい勉強方法”された方々です。

 

このような説明では「正しい勉強方法って何?」とツッコまれそうなので答えます。

 

合格実績豊富な予備校で勉強することです。指導力抜群の一流講師の講義で学習するのが現代の資格試験においては1番効率的と言えます。

 

特に税理士試験のような難関試験ほど予備校利用者と独学者の差はハッキリと違いが出ます。

 

全く同じ頭脳の場合でも予備校なら3,000時間、独学だと6,000時間勉強が必要になるケースは珍しくありません。

 

3,000時間多く勉強する必要があるのは時間的な損失になりますし、ストレスも多くなるはずです。

 

時給1,000円の方が3,000時間働ければ300万円稼げますので、独学で節約した気分になっている受験生でも実は金銭的に損する可能性は大なのです。

 

情報の損失

 

税理士は出題範囲が広いのが特徴的な試験です。毎年、出題傾向が若干変わってきますし、法改正も実施されます。

 

最新のトレンドを掴むことが短期間で合格する上で重要になります。独学者の場合は最新情報を常に手に入れるのは難しいのが現状です。

 

「コレ知ってたら合格できたのに・・・」と後悔したくない方は独学は避けるべきです。

 

永遠に不合格になるリスク

 

「努力は必ず報われる」

 

そう信じている方は結構多いはずです。確かに努力家の方は成功する確率は高いです。

 

但し、それは正しい努力をした結果報われることを覚えておいてください。

 

間違った努力をしていては一向に目的は達成できません。税理士試験でも何年も粘り強く受験して結局合格できなかった人は大勢います。中には10,000時間以上費やしても不合格になる方もいるのです。

 

独学で合格された方はいずれも”正しい勉強法”をした結果です。1人で学習する場合、間違ったやり方をしていても誰も教えてくれません。よほど自分の勉強法に自信が無い限り、独学は避けるのが無難です。

 

まずは資料請求又は無料講義を視聴して独学との違いを体験しましょう

 

クレアール

 

約30秒で入力完了

お得な公式サイトはこちら

 

 

 

スタディング

 

無料講義・無料セミナー視聴可能

 

お得な公式サイトはこちら

 

 

 

 

このページの関連キーワード

 

簿記論/財務諸表論/簿財2科目/法人税法/所得税法/相続税法/消費税法/酒税法/国税徴収法/住民税/事業税/固定資産税/大学生/大卒/入門書/本/テキスト/教材/過去問/参考書/問題集/教科書/基本書/直前対策/短期集中/説明会/無料セミナー/個別相談会/単科講座/模試/模擬試験/音声/ダウンロード/web動画講義/dvd/オンライン講座/インターネット講座/アプリ/iPhone/android/一問一答/演習講座/不合格/いつから/価格/値段/金額/いくら/お金/授業料/安い/格安/激安/低料金/費用/学費/授業料/人気/ランキング/口コミ/評判/評価/比較/最初/何から/基礎/短答式試験/論文式試験/択一式試験/ダブルスクール/社会人/働きながら/仕事しながら/スキマ時間/通勤中/電車